Vol.1 創刊

 

 

 

 

 

 

 

 

今日から「日刊(希望)デザ子」と題しまして(命名2分)
デザインのことについて1日1書きすることにしました。

 

※追記「デザインのこと」略して「でざこ」でいきます


現在デザイン会社でアルバイトとして働かせていただいて2週間、
いろいろ思うところがありまして、この年の瀬の変なタイミングに始めます。

こういう日記は3日坊主が自分の中で鉄則でしたが、
デザインの勉強!とかねてがんばります。
こういうたいそうな(でもないけど)名前つけないとやる気がでません。


女性の名前に見られる「子」は
「一」=始まり から 「了」=終わり まで全うできるように
との意味が込められて名づけられてるそうなのです。

私の名前にも子が入っているのもあるので、
デザインの一から了まで勉強できたらいいなという思いを込めました。
あとづけです。

ちなみにAKB48は第2回総選挙までベスト3は全員「●●子」でした。



この「デザ子」は人に見せるというより、後から自分で読み返して
「このときこんなことをおもっていたんだな」
「このとき載せてるデザインやっぱりかわいいな」
とかもろもろえとせとら

ほとんど自分で楽しむための日記です。
長いし気持ち悪いです。

武田てつやもいっていました。
「どんなときでも自分を唯一励ませられるのは、過去の自分だ」と
かといって過去の栄光にすがりつくのはだめですね。


デザイナーは「一日一アイデア」が本当に大切だと思いますので、
それもできたらいいな。

-------------------------------------

●グラフィックデザイン

正直なところなんでいまグラフィックデザインをやってるのかっていうと、
前から「人の日常で触れる場所に在るものをつくりたい」
っていう思いがありました。

それに加えて「自分の作ったもので人が喜んだり、ちょっとでも心が動いてくれたらいいなぁ~」なんてことも考えていました。

アニバーサリー女で、他人の誕生日とかに、メッセージカードとかデコメとかプレゼントの包装とかはりきってしまうタイプです。



はっきりいうと、ひとは自分が大好きだと思うので、私も例外じゃないです。

街で見かけるポスターは「誰がつくった」とかは全く明記されないけど、それでも街中に自分が作ったモノがあったら、きっとそれは私の最大の自己満足であって自己顕示欲もひっそり満たされるし、それ全部抜きにしても純粋に喜びがあるだろうからです。

さらにいえばそれがたくさんの人の目に触れて、
まあポスターなんて見ない人がザラだろうけど、ちょっとでも目の端に入って、ふと気になって、ふと立ち止まって、ふと眺めて、ちょっとでも心にアクションがあったとしたら、デザイナーとして感無量だと思います。



電通の高崎卓馬さんがおっしゃってました。

「その広告はそれと出会った人の何かを変えるか?
変えるかもしれない何かを持っているか」

その自分への問いかけが大事だと。

確かにその通りだと思いつつ、それだけのものがいつか作れたらいいなーと思います。

あと、ポスターは今の時代Twitterを通じて写メとかで話題性も広げられることができますともいってました。
BEAMSのハートのやつとか。

他にもたくさんのデザイナーさんのお言葉をリスペクトしてますけど(笑)
追々。たぶん。

 

 

23日にすすきの駅で待ち合わせをしてたんですけど、
地下鉄の掲示板にとってもかわいいポスターがあったので。


忘年会・クリスマスシーズンで尋常じゃないくらい若者がいっぱいいるなかで
壁に向かってひとりで写真撮るのなんだか恥ずかしかったけど都会じゃ誰も見ないよね。よし。
今見たらすごいブレてますねこれ。

このフォントすごくかわいくて、ほしいなーと思いつつ、でもどっかで見たことあるなーと思いつつ。
わかる人が見たらきっとわかるのでしょう。

私も早くフォント名を聞いただけで形が思い浮かぶようになったり、
フォントを見ただけでフォント名がわかるような女になりたいもんです。

まだまだぺーぺーのほかほか新米ひよっこだからダメダメです。
がんばります。


最近は街がクリスマス一色だったのでステキーヌなデザインがたくさんでした。